男女

しつこい汚れは住居用洗剤で落とそう|効果絶大

レディ

洗剤の正しい使い方

住居用洗剤はいろいろな成分が使われており、成分によっては適した場所や設備で使っていかなければいけません。住居用洗剤で使われている成分には、中性や酸性、そしてアルカリ性があります。それぞれに特徴的な働きをしてくれるため、汚れを落としやすく、その部分を傷めることなく使えるメリットがあります。

清掃道具

使える洗剤を見つけるには

家の中の様々な汚れを落とすには、優れた住居用洗剤を一本持っているとはかどります。住居用洗剤を選ぶ際にはコストパフォーマンスに加え、汚れを落とす力がどれぐらいあるのかや、どんな種類の汚れに対応しているのかなどを比較することが重要です。

女性

家じゅうがぴかぴかに

住居用洗剤は、油汚れやほこりに強いものなど、色々販売されています。毎日のちょっとした汚れに便利なマルチクリーナーもありますし、洗剤の強みを活かした掃除場所を把握し、日々の掃除をより簡単に行いましょう。

用途に合わせることが大事

掃除道具

やっぱりアルカリ性

いま人気の住居用洗剤は、弱アルカリ性の電解水の製品です。さまざまな住宅の汚れや黒ずみを落としてくれますし、泡が出ないので環境にもやさしい住居用洗剤です。また、食器用洗剤には弱アルカリ性や溶剤もありますが、手荒れが心配な方は手袋を使用するか中性洗剤をお使いください。食器洗浄機はよく落ちる弱アルカリ性洗剤を選ぶのが得策です。研磨剤が入っているクレンザーはよく落ちますが、液体製品のほうがステンレス等を傷つけずにきれいにできます。洗濯洗剤は傷つけたくない衣類には中性洗剤を使い、普段使いは弱アルカリ性の製品を選びます。アルカリ性はタンパク質を分解し、酸性は水性の無機塩を溶かすので、トイレや浴室の住居用洗剤には酸性薬品が入っています。中性洗剤は含まれている界面活性剤が油脂を分解してくれます。しかし、浴室などのカビ落としは塩素系の漂白剤でカビを白く見せるだけの物なので、普段から換気に努めカビを寄せ付けないことが肝心です。そのため、溶剤を使うときは十分に換気してマスクやメガネ、手袋などで肌を保護することが大切です。また、キレート剤は金属イオンを閉じ込めるので、水垢落としのために風呂用洗剤に使われています。フローリングの掃除には薄めた中性洗剤で水拭きしてください。しつこい壁汚れにはクレンザーが使用できます。窓の汚れは薄めた弱アルカリ性洗剤をお使いください。中には、混ぜると危険な住居用洗剤もあります。取り扱いには十分に気をつけて説明書をよく読み、用法用量をお守りください。